こんにちは。Webデザイナー兼コピックイラストレーターの柚水流亜(@yuminaruaBlog@yuminarua)です。

 

今回はブロガー仲間のさとるさん(@satorism0321)の「フォロワーさん800人達成企画」に応募した際のハロウィンイラストのコピックメイキングのご紹介です!

 

ちなみにさとるさんのフォロワー数800人って言ってますけど、現段階で既に1000人超えておられます!すごい!

 

PR

制作したハロウィンイラスト

【線画】

ハロウィンイラスト線画

紙はポストカードサイズのケント紙を使っています。

最近ペン入れの時は下絵をなぞる時にどのパーツをなぞっているかが分かりやすいように、パーツごとに色を変えることが多いです。

ペン入れの時に間違って関係ない線をなぞってしまいがちな方は、パーツごとに色を変えてみるといいかもしれません!(^^)

あと私は色を変えた方が飽きずにペン入れできるというのもあるのですが。笑

 

【完成品】

ハロウィンイラスト完成品

普段の私の色使いは落ち着いたトーンの色が多いのですが、今回はコピックの蛍光色をがっつり取り入れてみかったので、いつもよりも彩りが賑やかな感じになりました(^^)笑

個人的にコピックの蛍光色を使った感想は、瞳の塗りに使うと目の色が際立つので、引きつけられるような力強い目元になるように思いました。

次にイラストを描く時も、瞳に蛍光色を取り入れてみたいと思います!

 

スポンサーリンク

YouTube版(無料公開版)

今回のメイキングで塗り方が分かるパーツ
  • 人物(緑の髪・唇・目など)
  • ランタンと光の表現
  • 紫色の宝石(アメジスト)
  • 紫から黄色にグラデーションする夕方の空

なかなか締め切りを出されないとマイペースでイラストを描いてしまう上に、必要に駆られないと季節ネタはうっかりスルーしてしまうので、今回のように程よい締め切り感で季節ネタを描かせてもらえてとても楽しかったです!!

おそらくオリジナルでハロウィンイラストを描いたのは、初めてか十数年ぶりくらいだと思います。笑

 

ちなみに動画を50倍速くらいで処理しているのですが、それでも動画1本にまとめるとかなり再生時間が長くなってしまったので、最後のホワイトの工程と背景のレースを描く工程は端折りましたm(_ _)m
黒レースはピグマグラフィック(ミリペン)を使って手描きでちまちま描いてます。

 

未だに動画の再生時間は何分にまとめる方がいいのか、分割した方がいいのか正解が分かりません…(^_^;)
誰かオシエテクダサイ!
使用したコピックの色番号

:Y0000、Y000、E70、R00、R0000、E000、E00、BV0000

:R0000、R83、R81、RV19

:0、V01、BV08、V15、FV2、FYR1、W2

:YG11、YG45、FYG2、R81、RV10、FRV1、V22、V25

金具:YR30、YR31、Y26、E87、VB23、BV29、C3

蜘蛛の巣手袋:C1、C2、BV08、BV31

ほうき:E87、E43、E31、E40、Y13

ほうきの柄:E70、E71、E74、E79

かぼちゃ:W7、W5、W3、YG95、YG91、YR04、FYR1、YR61、FY1、YG61、Y21、Y0000

タッセル:Y21、YR24、YR04、YR18、FYR1

ベルト:YR31、E33、Y21、YR24、E35、E37

宝石:RV19、V04、V17、V09、V93、0

赤い布(裏地やリボン):RV99、R39、R37、R35、R32、Y21

黒い布(帽子や服):C9、C7、C5、C2、C1、W3

背景:BV08、V17、V15、V12、V01、BV00、YR23、Y19、Y15、Y13、Y11、Y00

仕上げ:V93、V95、V99、V20

その他の使用画材
ピグマグラフィック(黒)、コピックマルチライナー(ラベンダー・セピア)、ユニボールジグノ(銀)、ICコミックホワイト

 

音声解説版はpixiv FANBOX(有料)にて視聴できます

今回も音声解説版をpixiv FANBOXの有料支援者様向けに公開しています(^^)

 

塗りながらリアルタイムに、どこに何色を塗るか、どんなことを意識しながら塗っているかなどを解説を交えつつ実況しています。

※解説音声が入っている部分は等倍速になっているので、解説版動画はかなり再生時間が長くなってます(^_^;)

 

今回使用した画材一覧

ポストカードサイズのケント紙です。
実はこのブログの手描きアイキャッチもポストカードサイズ使っています(^^)

ペン入れでは黒色だけでなく、Tooさんから出ているコピックマルチライナーのラベンダーやセピアも使いました!

背景の星模様を描くのに使いました。スキャンだとただのグレーに見えるのですが、一応シルバーです。笑
ユニボールシグノはSARASAに比べると結構太くて濃いインクが出るので、作品によって使い分けするのがいいと思います。

いつもご紹介していますが、私が愛用しているホワイトです!
不透明度が高いので今回のような配色が濃いイラストの時はシャープな白が塗れるのでオススメです。

 

以上、ここまで読んでいただきありがとうございました(^^)

PR