こんにちは。Webデザイナー兼コピックイラストレーターの柚水流亜(@yuminaruaBlog@yuminarua)です。

pixiv FANBOX(ファンボックス)が正式にリリースされてから約半年ほど経ちました。

pixiv公式も先日pixiv FANBOXへのブログ投稿機能を実装し、今後まだまだ注目が集まりそうですよね!

 

またイラストレーター・絵描き・漫画家・小説が多いイメージのpixivFANBOXですが、最近ではコスプレイヤー・プログラマー・ゲームクリエイター・Vtuber・音楽家など、さまざまなジャンルの方が創作活動を行っています。

 

そんなpixivFANBOXの運用をこれから始めてみようと思っている方もいると思います。

ですが、いざpixivFANBOXを始めようとして、「支援者向けのプランや特典」をどうしようか悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

そんな方は、他のpixiv FANBOX運営者がどんなプランでどんな特典を設定しているか参考にしてみるといいかもしれません!

 

今回はそんなpixiv FANBOXのプラン設定に悩むあなたに、pixiv FANBOX上で展開されている様々な支援者向けプランを調査し、その特典の傾向をまとめてみました。

 

既にpixivFANBOXをある程度運用している方も、これを機にご自身のプランを見直してみてもいいかもしれませんね!(^^)

 

PR

画材・おやつ還元系

画材・おやつ還元系の支援プラン

100円〜300円などの少額支援に多いプラン特典です。

  • 私の好きなスタバの●●代にあてて、作業のモチベーションアップに繋げます!
  • 画材代に使用します!

といった文言で、実質支援者への特典はないのですが、作家の活動に還元します!という意味合いの強い支援かと思います。

もちろん1000円以上の高額支援でもこういったプラン体系を採用している方も中にはいましたが、傾向としては1000円未満の特に100〜300円の支援の内容に多いようでした!

作家にとっては最も負担が少なく、支援者にとっては最もお手軽な支援の形ですね!

 

スポンサーリンク

メイキング・進捗報告系

メイキング・進捗報告系の支援プラン

  • ネタ元(参考にしたもの)の公開
  • メイキング動画、メイキングアニメーションGIF
  • 描く上でのポイントを紹介
  • 制作秘話
  • 制作データ(NGのものとか・ボツ絵・下描き・線画・ラフとか)の公開

私もメインの特典として設定していますが、多くの絵描きの方が特典としてこのようなメイキング・進捗報告系のものを設定しているようです。

作家としては別途制作過程をまとめる作業があるので、価格帯としては500円以上から設定しているケースが多そうでした。

やはり好きな作家さんの作品について、制作過程などを詳しく見られるのはファンとしても嬉しいですよね!

 

イラスト・漫画の公開

  • 落描き(落書き)公開
  • イラストや漫画の先行公開
  • 漫画等で過去記事などの期間限定公開(一定期間経ったものは有料にするというもの)
  • 作品の差分(色のみ・表情のみ・セリフのみなど、作品の一部を変えたもの)公開

メイキング系に引き続き、これらの特典も多かったです。絵描きにとっても負担が少なく続けやすい特典のひとつですね!

価格帯は載せる作品によって変わると思いますが、1000円未満で設定している方多いようでした。

私も自分のファンボックスで特典に設定しています!
多くの人の目に触れるSNSなどには載せにくいクオリティの落書きも、ファンボックスなら公開しやすいですね!

 

イラスト・データ・グッズ配布系

イラスト・データ・グッズ配布系の支援プラン

  • フリーアイコン配布
  • ネットプリントの案内
  • 会誌
  • グッズ類
  • 高画質版データ
  • ポストカード・DM・年賀状など

日頃から同人活動をしている作家さんのファンボックスでは、このような自身の作品配布系の特典を用意している方も多かったです。

配布内容にもよりますが、価格帯としては1000円以上の支援でこのような配布を行うケースが多そうでした。
他にも「●ヶ月以上継続でプレゼント」といった制約を設けているものもありました。

 

配布系は作家側の手間も実費コストもありますし、その点で少額支援だと赤字になってしまってはファンボックスの「支援」としての意味が薄れてしまいますので、価格帯や多少の制約は妥当かなと思います。
(アイコンなどのデータ配布は少額支援でも特典にしている作家さんはいらっしゃいました。)

 

イラストやデータは作家の「商品そのもの」なので、安売りしすぎないようにしたいですね。

 

私は年に2回を目安に年賀状・暑中見舞いを支援者様全員にプレゼントしています!(単発支援専用は省く)

 

アドバイスします系

アドバイスします系支援プラン

文字通り、ファンの作品に対して作家が添削・アドバイスをしてくれるという特典です。

このレベルの特典になってくると、プロ・セミプロで活躍されている作家さんの高額支援(数千円〜1万円)特典となることが多いので、ほとんどの絵描きにとっては真似しづらい支援プランですね…(^_^;)

プロとしての強みを活かしまくった特典だと思います!私も言ってみたい!笑

 

憧れの作家に 1 対 1 で作品を添削してもらえるなら、専門学校に通うより安いと考えれば全然アリだと思います!
しかも作家さんにも自分のことを覚えてもらえるチャンスにもなります。

 

そう考えると普通なら決して接点を持てない作家さんとも、ファンボックスなら直接やり取りしやすいのでファンボックスってすごいですね。

作品リクエスト系

支援している作家さんに自分の好みのイラストをリクエストできるというもの。

こちらも数千円〜1万円の高額支援の特典に多いですが、プロでなくてもある程度ファンのついている作家なら、ファン数と自身の作業時間との兼ね合いで適切な金額を設定すれば良いと思います。

 

またファンボックスのプランは設定できる金額が1万円までという上限がありますので、作品単価が1万円以上の方は

  • ドローイング(単色で描いた線画など、簡単に描いたものを指していることもありそうです)
  • ハガキサイズ
  • ●ヶ月以上継続した方のみ

などの多少の制約を設けるのがいいのではないでしょうか。

私は低価格プランで落書きリクエストのみ受け付けていたのですが、反響が無かったのでやめてしまいました。

 

その他:スポンサー系・セクシー系

スポンサー系

  • Twitterで月●回リツイートします
  • ブログにリンクを貼ります
  • ファンボックス内でスペシャルサンクスとして流します

という風に、スポンサーとして支援者を紹介するというものです。

 

これなら作家自身のフォロワー数やブログなどのアクセス数がある程度多ければ、絵描き問わず、プログラマー・ブロガーでも設定しやすい特典なので、誰でもとっつきやすいと思います。

またあまり色々な特典を用意しすぎても、手がいっぱいで自身の活動に支障をきたしてしまいますよね。

ですが、このようなスポンサー紹介をするやり方なら、自身の活動にそれほど影響なく支援者にとってもメリットがあるため、特典として設定しやすいと思います。

私も先日1000円プランを設定しましたが、現状の特典公開で手いっぱいだったため、このスポンサーを取り入れました!

 

セクシー系

こちらはR指定の設定がされているアカウントに限定されるのですが、支援金額に応じて公開される作品のR指定度合いが変わるというもの。

まぁ人間…R指定コンテンツには比較的財布の紐も緩みやすいので、面白い取り組みだなと思います。笑

アカウントをR指定化さえしていれば、イラスト・漫画・コスプレイヤー・小説など、色々な作品形態に応用がききそうですね。

私は一般アカウント開設なのでこの方法は取れませんが、個人的には上手な設定の仕方だなーと関心してしまいました。笑

 

※pixivFANBOXでは一度R指定としてアカウントでファンボックスを開設してしまうと、簡単に一般アカウントには戻せなくなりますので注意が必要です!
→ファンボックスのR-18設定の変更方法(公式)

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

一言で特典と言っても、色々な作家さんが試行錯誤して、多種多様な支援形態と特典が用意されていました!

私も今回調べてみて「これなら自分にもできそうだな」とか、「こういう設定の仕方もあるんだな〜」と、大変勉強になりました。

 

関係ないですが色んな方のプランを調べていて、なぜか1万円以上の支援者のことを石油王と読んでる運営者が多くてちょっと笑いましたw

 

以上、皆さんも創作活動に無理のないファンボックス運用をお楽しみください♪

PR