PR

こんにちは。柚水流亜(@yuminaruaBlog@yuminarua)です。

この記事はpixiv FANBOX(ファンボックス)で稼ぐ方法ではないです。
あくまで柚水個人がやってみて感じたことをまとめるだけの記事ですので、ご了承ください。m(_ _)m

 

今回は先日公開した【pixiv FANBOX(ファンボックス)】を1ヶ月運用してみて試したこと・感じたこと【前編】の後編記事で、

  • 私がファンを増やすために試してみたこと
  • 支援してくださった方への私のスタンス

について書いていきます。

 

ファンを増やすために試してみたこと

今更ながら”ファン”と書くと、自分が芸能人にでもなったかのようで違和感があるのですが…。笑

公式がサービス内で支援者=ファンと呼称しているようですので、今回はなるべくその表現に合わせます。

pixiv FANBOXのファンを増やすために試してみたこと
  1. 支援者限定の特典をつける
  2. ファンがいなくても、すべてのプランにおいて更新をし続ける
  3. 1週間無料で誰でも特典を見られるキャンペーンを実施
  4. Twitterへのpixiv FANBOX更新ツイートに画像をつけた
  5. 気軽に支援を止めても良い雰囲気づくりをする

具体的に説明していきますね。

 

支援者限定の特典をつける

よほどの足長おじさんがファンでも無い限り、ファン心理としても特典はあった方がやはり嬉しいものだと思います。

ちなみに私のpixiv FANBOXでは、現在下記の特典を設定しています。

柚水のpixiv FANBOX特典内容
  • イラストのリクエスト(シャーペン落書きのみ・版権あり)
  • 制作工程と使用したコピック色の公開
  • 簡易なメイキング動画の公開(上位プランの支援者様のみ)
  • 暑中見舞いや年賀状のプレゼントを今後計画中(まだ一度もやっていないですが)

※2018/06 現在。状況によって今後色々変わると思います。

現状pixiv FANBOXに登録されている作家さんの多くがそうしているように、私も支援していただく以上は、何らかの特典を用意しています。

特典内容についても当初から色々と模索しているのですが、現状は一旦こんな感じで落ち着いています。

イラストのリクエスト

リクエストそのものがまだないので、現状あまり機能しておりません。笑
ですが個人的には自分の技量を上げるためにも、ぜひやってみたいことの一つなので、据え置きにしております。

制作工程やメイキングの公開

私が2年ほど前までYouTubeにコピックのメイキング動画を投稿していたこともあり、それがキッカケでTwitterでフォローしてくださった方も多いことから、

”私にできること”

”ファンが求めている(と考えられるもの)

合致しているラインはここかなと思い、現在はこれらの投稿になるべく力をいれるようにしています。

負担のない特典設定が大切

前編でも書きましたが、特典はあった方がいい…。

とはいえ、特典が作家の負担になって、作品づくりに影響が出てしまうと、結果的にファンを悲しませることになり本末転倒なので、作家自身に負担のない程度にやることは重要かと思います(^^)

 

ファンがいなくても、すべてのプランにおいて更新をし続ける

個人的に意識したのは見ている方(支援者)がいてもいなくても、すべてのプランの更新を定期的に行うことです。

現在、私のpixiv FANBOXには【100円/300円/500円】プランの3種類があります。

pixiv FANBOXのプラン内容

100円と300円以上には、お見せするコンテンツに多少の差を設けていて、300円以上のプランはメイキング動画をご覧いただけます。

私はこの100円・300円以上の両方のプランにおいて、支援してくれているファンの有無に関わらず常に定期的な更新を行いました。

 

その理由は次のとおりです。

支援したいと思っているファン予備軍は、"今この作家に何人の支援者がいるか"という情報を知ることができません。
(イイねの数である程度想像できるとは思いますが)

 

つまり、もし支援したい作家の投稿が何もない場合、

  • 支援者が現時点で0人だから投稿がないのか?
  • 支援者が増えれば投稿するつもりがあるのかないのか?
  • 単に作家さんがpixiv FANBOXの運用を放置しているのか?

ファン予備軍の人には全くわからないのです。

前編にも書きましたが、どうせ支援するなら支援者向けに投稿がある方が嬉しいですし、賑わっているコミュニティの方が人は魅力を感じます。

ですから、コミュニティの外側にいるファン予備軍の方たちに

「私のpixiv FANBOX内のコミュニティは賑わっていますよ!
ちゃんとファンの皆さんに還元していますよ(*^^*)」

というアピールは大事だと思っています。

 

コミュニティの賑わいが何となくでも分かる方が、ファン予備軍の方も期待を込めて支援してくださるのではないでしょうか。(^^)

少なくとも私がファンの立場なら、AさんとBさんのどちらかを支援しようと思ったなら、コミュニティが賑わっていそうな方にまず支援します。

 

ですので、私も運用を始めた当初はしばらくファンはいなかったのですが、"支援者=閲覧者がいない” からといって投稿をしないのではなく、最低でも1週間に1回は何らかの投稿をpixiv FANBOXに行い、その都度Twitterでお知らせするようにしました

 

1週間無料で誰でも特典を見られるキャンペーンを実施

最近でこそpixiv FANBOXを始めた作家さんは増えてきたようですが、やはりリリースされたばかりのサービスです。

ほとんどの人は、よく分からないものには何となく手を出しづらいものだと思います。

 

たくさんの作家もどんな風に運用すべきかを手探りだと思いますし、支援する側も、どんなサービスなのかイマイチよく分かっていないという方も多いのではないでしょうか。

しかも、支援者限定公開のコンテンツは、非支援者には見ることはできないので、分からないものにお金を払う心理的ハードルはあると思います。

 

そこで、私は普段100円以上の支援者にのみ公開している内容を、1週間限定で全体公開してみることにしました。

そうすることで、

pixiv FANBOXの特典の投稿気になるけど、どんな感じの内容か分からないしなぁ…

 

と、支援を足踏みしている方にも普段の投稿の様子を見てもらえば、安心して支援してもらえるのではないかと考えました。

 

Twitterへのpixiv FANBOX更新ツイートに画像をつけた

これも【支援しようか気になっているけど、まだ支援に至っていない】という方に向けての施策です。

通常、Twitterで支援者向けの非公開記事を投稿すると

↑このようにTOPのカバー画像がデフォルトで表示されてしまいます。

これだとどんなものを投稿したのか、ぱっと見では分かりません。

 

文字を読めば分かるかもしれませんが、日々膨大なツイートがタイムラインを埋め尽くすTwitterユーザーが相手です。

やはり画像情報がないと目に止まりづらく、文字だけで中身を判断してもらうのは難しいです。

また画像も、pixiv FANBOXの更新をツイートするたびに、毎回同じTOP画像が表示されてしまうのでは

「これ前も見たな」

でスルーされて終わりです。笑

 

ですので、私はpixiv FANBOXの記事を更新した時は、
どんな内容かが分かるように、簡単な投稿ページのキャプチャー画像もつけるようにしています。

そうすることで、フォロワーさんのタイムライン上でより目に止まりやすくなり、なおかつ気になってリンクを押したら支援者向けだったから、支援してみたくなる(かも?)

という風になったらいいなぁと思っています。笑

 

この手法だと画像をタップしたら画像だけポップアップしてしまい、肝心のURLへは飛べないのですが(テキスト内のリンクをクリックしないといけない)

それでも毎回デフォルトのTOP画像が表示されるよりはいいと思っています。

2018/08/31 追記
現在は投稿時にカバー画像を設定できる機能が追加されており、そこで画像を設定しておけばTwitter等で拡散した時に、その画像が表示される仕様になっています(*^^*)

 

 

気軽に支援を止めても良い雰囲気づくりをする

私のpixiv FANBOXのページを見て頂くと分かると思いますが、とにかく

「一ヶ月だけ様子見で支援するだけでもいいですよ!」

という風に、途中停止OK!の雰囲気をなるべく出すようにしています

私が実際に好きな作家さんの支援をした時に感じた体験を元に、意識してこのような空気感を出すようにしています。

 

多分、作家としてpixiv FANBOXを運用している側としたら、

毎月支援してくれなくても全然いいよ!1ヶ月だけの支援でもすごく嬉しい!

多くの方がそう思っているのではないでしょうか。

 

もちろん継続だとより嬉しいですが、1回でも "支援してもらえた" こと自体が、本当に作家の励みになるのです。

少なくとも私はそうです。

 

にも関わらず、ファン予備軍(支援を迷っている)方の中には、

「一度支援を始めたらずっと支援しないと、作家さんをがっかりさせちゃうだろうなぁ…」

と、このように感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな暗黙のプレッシャーが何故かありませんか?(実際私がそう感じていました)

そうして、なかなか【支援する】ボタンを押せない方もいるのではないでしょうか?

 

もしそうなら、作家側とファン側の間に誤解が生じていることになります。

それではもったいないですよね。

 

そこで、私はもっとなるべく気軽に誰でも"支援”できるようにしたいという考えから、先日

「今月だけ支援するプラン」を作ってみました。笑

毎月継続は難しいけど、今月だけなら支援したい!という方向けのプランです。 本当は全プラン継続しなくてもいいし、逆にこちらのプランを継続しても全然いいんですが、 一度支援を始めると作家との関係性からやめづらい方もいると思うので、あえて「今月だけ支援」を推奨するプランを作ってみました。(^^) 1回チャリンして、思う存分コンテンツを見たら即支援中止しましょう!笑

 

つまり、あえて支援をする時に、ファンが作家に対して「今月だけですが支援しますよ」という意思表示をしやすくしてみました。笑

そうすれば、作家側も来月の状況を把握できるし、支援者も気軽に支援して、気兼ねなく翌月支援停止ができるのではないでしょうか。

 

もちろん、「本当に好きな作家さんなら全然継続して支援するよ!」という方もいると思いますが、「ぶっちゃけそこまでこの人のファンじゃないけど、投稿は気になるから支援して更新物を見てみたい」とか、色んなタイプのファンもいると思います。

 

そんな方にも、とにかく最初の"支援"のハードルを下げてもらい、興味を持っていただければ嬉しいです。(*^^*)

実践してみてどうだったか

お陰様で運用から1ヶ月ちょっとで、何人か支援してくださっている方ができました。

ですが、実際に色々試してみましたものの内、何に効果があって支援に繋がったのか…というところまでは分かっておりません。

 

多分、「これをすれば絶対に支援者が増える!」という特効薬はないのだと思います。

それでも、ファンの方の立場にたって色々試行錯誤したり、相手に自分が求められていることと、自分ができることを考え、ちょっとずつ改善を積み重ねた事が、じわじわと効いたのかな?とは思っています。(*^^*)

あとはこんな小手先のことではなく、pixiv FANBOXに限らずSNSで発信したり、どこかに作品を公開したり、"作品を見てくれる人”を増やすことが根本的に大事なのかなと思います。

 

というわけで、今後も色々企画したり試したりを繰り返すかもしれませんが、よろしくお願い致します。m(_ _)m

創作活動も引き続き頑張ります♪( ゚∀゚ )

スポンサーリンク

支援してくださった方へ

感謝しているけど、あえてお礼のご挨拶はしない。

支援してくださっている方には感謝しかないです!

自分の活動に対して、"金銭を支払う"というアクションを起こしてくれるというのは、
金額関係なしにそれだけですごいことだと思います。

本当にありがとうございます!!

 

もし支援してくださる方がいなければ、支援がない=誰も支援者向けの投稿を見てくれる人がいないということなので、

見てくれる人がいない中でひたすら定期的に投稿し続けるのは結構心も折れてしまいます。

 

ですので、支援していただけた時は、本当は一人ひとりにお礼のご挨拶に行きたいくらい舞い上がっています。

が、支援者様には無理しない程度に支援してくださったらそれで十分に嬉しいので、こちらからお声掛けすることでかえって

「支援の停止をしたい時に、負担になって停止しづらくなってしまうのでは…?」

と思い、今のところ私から支援者様にpixiv FANBOX関連でコメントをするのは差し控えさえていただいてますm(_ _)m

 

ビジネス的に考えたらお礼のご挨拶はするべきなのかもしれませんが、pixiv FANBOXはあくまで趣味の延長です。

私自身もコメントしたければするし、作家さんと親密にならずともただ応援の形だけ伝わればそれでもいい。

というマイペースなコミュニケーションが好きな人間ですので、お礼のご挨拶をしたくなる気持ちをぐっとこらえて、あえてご挨拶をしないこのスタンスをとっています。

 

例えて言うなら、
お店で何となく服を見てたら、店員さんに声を掛けられて、なんとなく商品を買わないといけない気になってしまう
そんな風にはしたくないなと。

 

そういうわけで、今のところ想定していたファンの方との蜜な交流は特に発生していないのですが、その代わりに感謝の気持ちはなるべく特典でお返しできるようにしています。

あとお返しとは関係ありませんが、やはり私も人間ですので(笑)、支援者様のTwitterやpixivの更新はよく目が追いかけてしまいますね。(*^^*)

 

そういう意味で、ひっそり私自身も支援者様のファンになっておりますよ♪(/ω・\)チラッ

と、この場を借りてご報告と感謝の気持ちを述べさせていただければと思います(*^^*)

ここまで長い文章にお付き合いいただきありがとうございました!

 

 

※今回の記事は、あくまでも私個人の感想を綴ったものです。
全員が必ずしもそうだとは限らないので、こんな人もいるんだな〜くらいの参考に留めていただければと思います(^^)
PR