【pixiv FANBOX(ファンボックス)】を「1ヶ月」運用してみて試したこと・感じたこと【前編】

こんにちは。Webデザイナー兼コピックイラストレーターの柚水流亜( @yuminaruaBlog@yuminarua)です。

この記事はpixiv FANBOXで稼ぐ方法ではないです。
あくまで柚水個人がやってみて感じたことをまとめるだけの記事ですので、ご了承ください。m(_ _)m

 

さて。

pixiv FANBOX(ファンボックス)というサービスをご存知ですか?
4月末に始まったpixiv系列のサービスで、作家が自分のファンから毎月いくらかの金額で支援を受けられるというものです。

私もサービス開始とほぼ同時期に、pixiv FANBOX(ファンボックス)の運用を始めました。

そろそろ運用から1ヶ月ちょっと経ちますので、個人的に感じたことやpixiv FANBOXを活用するために色々試してみたことをメモ的にまとめたいと思います。

 

意外に色々やっていたみたいで(笑)、だいぶ長くなってしまったので、2回に分けて記事にさせてください。

今回は前編ということで、まずはpixiv FANBOXを使ってみて感じたことをメインに書いていきます。

▼関連:【pixiv FANBOX】を1ヶ月運用してみて試したこと・感じたこと【後編】

スポンサーリンク

pixiv FANBOXとは?

サービス開始からまだ1ヶ月ちょっとなので、ご存知ない方のために。
pixiv FANBOXとは、

pixiv FANBOXクリエイターの創作活動を応援することができるファンコミュニティです。

ファンがクリエイターを定期的に支援することで、クリエイターが自由に創作活動を続けられたり、新しいコンテンツ創出に挑戦したりできるようになります。

応援しているファンは、限定コンテンツや最新情報を通じてクリエイターとより密なコミュニケーションを楽しむことができます。

つまり、作家が自分のファンから毎月いくらかの金額で支援を受けられて、それを創作活動に還元する…といった趣旨のサービスです。

金額は作家が100円から自由に設定できます。

いわゆる投げ銭にも近い気もしますが、基本的には単発の払い切りではなく、ある程度継続で毎月支援してもらうことが前提になっています。

 

支援者への特典は必須ではありませんが、よほどの有名人ではない限り、現状は私も含めて何らかの特典を用意している作家が多いようです。

特典の内容は、メイキングを掲載したり、漫画を掲載したり、作家のプライベートを見せたり…

その辺は作家さんによって様々です。

 

詳しくはpixiv FANBOX(公式)をご覧ください(^^)

スポンサーリンク

まずは自分も誰かのファンになってみて感じたこと

支援する方(ファン)の気持ちを知ろうと、私もpixiv FANBOXでファンとして支援を開始してみました。

 

あとは実際の使い方や、支援者にはどういう風にコンテンツが見えているかを知っておかないと、自分がpixiv FANBOXを運用する時に、やりづらいという理由もあります。

 

誤解がないように書いておきますと、決してテスト的な意味の支援ではなく、もちろん普段からその方の作品が好き・いつもTwitterなどで作品を拝見している方…

ちゃんと自分がファンとして普段応援している方を折角の機会なので支援しました!(*´ω`*)

 

他にもたくさん好きな作家さんはいるのですが、そもそも現段階ではpixiv FANBOXをしていないとか、こちらの予算的な都合で全員を支援というわけにはいきませんでしたが…。泣

 

実際に自分がpixiv FANBOXの作家のファンとして何人かの方に支援をしてみて、以下のことを感じました。

 

  1. やっぱり特典はないよりもある方が嬉しい。
  2. 商品は要らないけど応援したい!という人にはうってつけ。
  3. 支援の停止に心が痛む。笑
  4. 好きな作家さん、もっとpixiv FANBOX運用してほしい。笑

 

 

やっぱり特典は「ない」よりも「ある」方が嬉しい。

これについてはまぁ想定内でした。笑

pixiv FANBOXというサービスとしてのコンセプトとしては、あくまで見返り(特典)を求めないパトロン的な支援だと私は考えています。

ですが、そのレベルに達している人はごく一握りなのかなと思います。(^_^;)

芸能人のファンクラブでさえ会報誌などの特典があるくらいですしね。(入ったことないので知りませんが。笑)

 

私自身も誰を支援するか考えた時、まずは何らかの特典がある方を支援してみようかなファン専用の特典がある方が特別感があって嬉しいと思ってしまいます。

それがほとんどの人の心理ではないでしょうか。

 

とはいえ、後編でも書きますが、必ずしも特別な特典を用意する必要ないとも思います

支援価格にもよると思いますし、ファンも特典があれば嬉しいですが、やはり根幹の想いとしては作家さんに創作活動を続けてもらうことが第一です。

特典を用意するあまり、作家の創作活動に支障をきたしてしまっては本末転倒なので、あくまで無理のない範囲で特典を用意すればいいと思います。

 

もちろん特典が一切なくても支援したいと思う方もいると思いますが、それは作家さんご本人のキャラに魅力があるとか、既にファンと交流があるとか、やや特殊な例かなと思っています。

 

商品は要らないけど応援したい!という人にはうってつけ。

従来、好きな作家さんを応援・支援するには、その方の商品を購入するというのが一番の支援だったと思います。

ですが、私は最近あまり家に物を増やさないようにしています。

好きな作家さんのイラスト原画でも、飾ってしまうとアナログイラストはどうしても劣化してしまうので、それが怖くて結局劣化しない場所に片付けることになります。

どうせなら飾ってあげられる人が購入すべきだと思いますので、私はあまり原画は購入していません。(欲しい気持ちはありますが)

 

なので、私のように「家にモノを増やしたくはないけど、好きな作家さんの活動に貢献することができない」という方もいると思います。

あるいは、作家さんの作品そのものが欲しいというよりも、その人柄や作品に対する姿勢・想いに惚れているから支援したいとかもあると思います。

 

そんな人にとっては、商品としてのモノは要らないけど、目に見える形で作家に届く支援が気軽にできるという点はいいと思いました(*^^*)

 

私自身、同じコピック使いで頑張ってらっしゃる方はそれだけで肩入れしますし、気持ち程度の金額かもしれませんが、

「お互いコピック頑張ろうぜ!」

という感じで支援したくなってしまいます。

しかし先程書いたように、家にモノを増やしても管理できないので、このpixiv FANBOXを通して支援ができるのはとてもありがたいのです。

 

支援の停止に心が痛む。

これまた誤解を招きそうな表現になりますが…、まぁそのままなんですが。苦笑

私は普段コピックという画材を主に使っているので、同じようにコピックメイン・またはアナログで創作活動をされている方を中心に支援させていただいています。

先程書きましたが、私はコピック使いさんというだけで応援したくなる癖(笑)があるので、同志にはなるべく支援したいと思っています。

 

ですが、現実的に支援に使えるお金には限界があります…

 

世の中のコピック使い全員に支援できるだけの金銭的余裕が私にあればいいのですが、そういうわけにはいきません。

そこで、

毎月継続ではなく、1ヶ月〜2ヶ月といった短い期間で単発支援

その方への支援を停止

他のコピック使いさんを支援する

というローテーションで、毎月継続はできないものの、今月は〇〇さんを支援・来月は○○さんを…という形で、単発で支援させて頂いています。

好きな絵師さんはたくさんいるので、なるべく多くの方に心ばかりではありますが、支援の気持ちを届けたいな…という思いで、そうしています。

 

そこで1点問題が出てきました。

 

pixiv FANBOX運用者は、誰が自分を支援してくれているか、作家から分かるようになっています。

ですので、特に普段からお付き合いのある方を支援した場合、支援を停止すると

「支援者特典に不満があったのでは?」

と、作家さんをがっかりさせてしまいそうで、個人的には何となく支援の停止がしづらいという風に感じてしまいました。苦笑

そうなると、新たな作家さんに支援を始めるのもハードルが上がってしまいます。

 

ですので、もう少し気軽に支援して、気軽に停止してもいい空気感があれば嬉しいな〜と思ったりしています…。笑

 

そういうわけなので、私からの支援が停止になった方も、特典が気に入らなかったから停止したとかじゃないのです…!
ご理解いただければ嬉しいです!m(_ _)m

 

面倒ですが、pixivのアカウントを匿名で作成して支援すれば、良くも悪くも作家に自分だと知られることはないです。

 

pixiv FANBOX支援をやめる(停止)方法について

ちなみにpixiv FANBOX支援をやめる場合は、少しわかりづらいですが、以下の方法で支援停止できます。

pixiv FANBOX支援をやめる(停止)方法
  1. メニュー内「支援中のクリエイター」から支援中のプランを表示
  2. 停止したいプランの「お支払い方法を変更」を選択
  3. 支払い変更画面にて「支援を停止する」を選択

pixiv FANBOX支援の停止方法

pixiv FANBOX支援の停止方法

 

好きな作家さん もっとpixiv FANBOX運用してほしい。

これはもう、そのまんまです。笑

この人がpixiv FANBOX始めてくれたら絶対支援するのにな〜〜て思ってる方、他にもたくさんいらっしゃると思います。

別にpixiv FANBOXの回し者でもなんでもないのですが、ぜひ皆さんもpixiv FANBOXやってください!m(_ _)m

でも負担にならない程度に…!

 

最後に

だいぶ文章が長くなってしまいました。汗

ここまで読んでくださった方、ありがとうございます。

一旦ここで切って次回の後編に繋げたいと思います(^^)

次回は「ファンを増やすために試してみたこと/支援してくださっている方へ」ということで、もう少し具体的なところを書いていく予定です。

もしご興味ありましたら、次回もよろしくお願い致します(^^)

 

▼どんなプランを設定しようかお悩みの方にオススメの記事
▼ pixiv FANBOXの支援方法(決済方法)まとめ
※今回の記事は、あくまでも私個人の感想を綴ったものです。
全員が必ずしもそうだとは限らないので、こんな人もいるんだな〜くらいの参考に留めていただければと思いますm(_ _)m
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう