明けましておめでとうございます。

Webデザイナー兼コピックイラストレーターの柚水流亜( @yuminaruaBlog@yuminarua)です。

 

皆さん、今年は年賀状を出しましたか?

最近はメールやLINEで済ませることの多い新年のご挨拶ですが、私はイラストを描くのが好きなのもあり、毎年年賀状を書くようにしています。

 

それに自分宛てに直筆のメッセージが届くとやはり嬉しいです

 

そして今年はキリもよく、十二支最後の年 イノシシ年です。

 

年賀状のために気合を入れて描いたイラストも、12年分溜まりました!

というわけで、今回は私が過去12年に渡って描き続けた年賀状イラストをご紹介します!

もはや完全に自己満足のまとめ記事ですw
スポンサーリンク

2008年【子年(ねずみ)】

ねずみ年の年賀状

実は初めてこの年からイラストを印刷して年賀状を送るようになりました。

それまでは年賀はがき1枚1枚に簡単なイラストを描いていました。
しかも多い年で50枚近く出していたので、今思うとゾッとしますね。笑

この時は今後こうして年賀イラストを12年分描き続けられたら面白いだろうな〜くらいに思っていました。

 

ポストカードサイズの紙に描いていたので描き込みはまだ少なめですが、個人的には年賀状イラストのトップ3に入るくらい気に入っている年賀状イラストです。

この頃はまだ学生でしたね〜

 

スポンサーリンク

2009年【丑年(うし)】

丑年の年賀状

中華風の闘牛士みたいなイメージで描いてました。笑

まだまだ描き込み少なめで、制作時間も多分そんなにかかっていません。

動物の白毛(アルビノ種)は神様の使いと言わてるそうなので、その後の年賀状でも干支の動物を白ベース+金色で描く流れがこっそりできました。

設定を説明するとなぜか急に照れが…

 

2010年【寅年(とら)】

寅年の年賀状

ちょうどペンタブを購入した時期の絵で、ペンタブにPhotoshopElementが同梱されていたので少しデジタル処理が混ざっています。

最近はあまりデジタル加工はしなくなりましたが、この時は初めてのペンタブで色々なデジタル効果を楽しんでいました。笑

イラストをネット上で販売することに興味を持ち始めたのもこの頃だと思います
スポンサーリンク

2011年【卯年(うさぎ)】

卯年の年賀状

今まで描いたイラストの中でも反響が多かった作品のひとつです。

個人的に転機の年でもあったので"飛躍"をイメージして描きました。

前年に引き続き、コピック+デジタル加工になります。

この年からポストカードサイズではなく、A4とかB5の大きめサイズに描くようになり、着物の柄を凝りだしたのもこの時期からです。

また初めてギャラリーさんからもお声をかけていただいて、グループ展に出展させていただきました。

何かと思い出の詰まっているイラストです

2012年【辰年(たつ)】

辰年の年賀状

2011年、2012年と女性キャラクターた続いたので、この年は男性キャラクターを描きました。

朝焼けをイメージした背景と、龍のウロコが大変だった記憶があります。

背景って難しい
この年は就職したばかりでプライベートがとても忙しく、あまり年賀状に力を注げる環境でなかったことも思い出深いです。

2013年【巳年(へび)】

巳年の年賀状

前年に引き続き男性キャラクターになりました。

蛇は普段よく描くモチーフではなかったので、描きたいイラストのイメージがなかなか固まらず苦戦した記憶があります。

建物を描くのも難しかったですが、背景の朝日の表現は個人的には気に入っています。

筋肉を塗るのが楽しかったです。笑

2014年【午年(うま)】

午年の年賀状

「和服×馬と言えば戦国時代!」という個人的な思い込みと嗜好でこのようになりました。笑

今見ても色々とバランスの崩れが気になる一枚ではありますが、雰囲気としては好きな一枚なので、またこういう構図には挑戦したいです。

ありがたいことにこの絵を気に入って下さった方が原画を購入して下さいました。

2015年【未年(ひつじ)】

未年の年賀状

本業の仕事にも慣れてきて、コピックメイキング動画を投稿したりイラスト活動が増えてきた頃の作品なので、かなり本気モードです。笑

 

これまでのイラストの雰囲気をガラッと変えて、お正月っぽいもの(コマ・伊達巻・餅花飾り)を詰め込んだおめでたい感じの一枚になりました。

描いた当初はあまりしっくりきていなかったのですが、最近では塗りの細かさに自分でもびっくりしていますし、お気に入りの1枚になっています。

もう二度と同じような絵は描けないですね。笑

2016年【申年(さる)】

申年の年賀状

「猿といえば孫悟空!」という安易な発想で描きました。笑

当時は奈良に住んでいたのもあり、朱雀門をイメージした背景になっています。

カッコいい系のイラストを目指しました

2017年【酉年(とり)】

酉年の年賀状

このイラストを描くにあたって初めて知ったのですが、スズメにもアルビノ種があるということで、スズメを描きました。
小さくて可愛いスズメに合わせて、人物も身体の小さい少年キャラにしました。

 

静寂・伝統をイメージして、お祭りのアイテムをモチーフにしたイラストです。

また、この年は今までと色の塗り方を少し変えてみたのですが、”目の色が綺麗”と褒めていただくことが増えたので、これ以降目の塗り方を変えました。

この辺はまだ記憶に新しいですね
ちなみにこのイラストはスモールエス(SS)という雑誌の56号に掲載していただきました。

2018年【戌年(いぬ)】

戌年の年賀状

毎年10月頃にはハロウィンそっちのけで年賀状の準備に取り掛かっているのですが、11月末に結婚式があり準備に忙しかったため、12月に入ってから急ピッチで描いたイラストです。

 

いつもはごちゃごちゃした華やかなきものを描くことが多いのですが、母の故郷である奄美大島の伝統工芸品である大島紬をモチーフにし、なるべくシンプルな配色でまとめてみました。

制作時間も限られていたので、いつものようなカラフルな作品での描き込みができませんでした

2019年【亥年(いのしし)】

 亥年の年賀状

最後は今年の年賀状です。

干支的にもプライベートとしても節目の年なので、「豪華絢爛」をテーマに、花札でお馴染みの「萩と猪」をモチーフに使って力強さを意識した1枚にしました。

 

自身のpixivFANBOXのプレゼント企画と、さとるさん(@satorism0321)の「フォロワーさん1300人記念・年賀状企画」にも掲載していただいたイラストです。

 

自分自身もそうですが、見た人にとって「今年一年、夢や目標に向かって頑張ろう」と思ってもらえたらいいなと思います。

実は白いイノシシを塗りながら、某もの●け姫を思い出してたのは秘密です。笑

 

12年分の年賀状をさかのぼってみた感想

こうして見てみると長いようで本当にあっという間の12年間でした。

この12年は進学・就職・グループ展・結婚と色々なイベントがあったので、イラストを見ると当時の思い出も一緒に蘇ってくるようでした。

 

そんな中でも、1年に1枚とはいえ毎年継続できていたことを誇りに思いますし、今頑張っていることも、今後もコツコツ続けていく自信に繋がりました。

 

一方で、好きなパーツやモチーフが昔からあまり変わってないということにも改めて気が付きました。笑

筋肉とか似たような構図ばかり描いてますね

 

画力面もさほど向上していない気がするどころか、昔の方が上手かったんじゃないかと思う絵もあります…。苦笑

色々わかって面白い反面、成長のなさ具合も感じられますね。引き続きイラストも頑張りたいと思います!

 

▼年賀状印刷でアナログ原稿をデータ化するのにおすすめのスキャナーはこちら

 

原画イラストはBOOTHにて販売中

今回ご紹介したイラストをはじめ、私の原画の多くはBOOTHで販売されています。

すべて一点物の現物限りの作品ですので、もしご興味のある方はチェックしてみてください!

※時々突発的にヤフオクにも出品しています。

モニターでは分からない、アナログならでは質感や表現をぜひ直接ご覧になってみてください♪
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう