こんにちは。Webデザイナー兼コピックイラストレーターの柚水流亜( @yuminaruaBlog@yuminarua)です。

 

今年の10月に新婚旅行でペルーのマチュピチュ・ナスカの地上絵に行ってきました。

このブログでも何度か計画から準備のことなどを記事にしていたのですが、今回はお土産編ということで、実際に私たち夫婦が買ってきたものをご紹介したいと思います。

あまり名産品がピンと来ないペルーですが、行ってみると色々なお土産がありました!
▼前回の記事
スポンサーリンク

ペルーでオススメのお土産は?

ペルーと言えばアルパカ製品!

アルパカのセーターお土産

日本ではアルパカ100%のセーターは大体1万円後半〜3万円ほどするようですが、ペルーでは100ドル(約12,000円)と良心的な価格で購入できます。

ただし、露店のアルパカ製品は、「アルパカ100%」と書かれていても、実際には100%でない粗悪品であることが多いので注意が必要です。

 

良質で間違いのないアルパカ製品を購入したい場合は【TAMON】というお店がオススメです。

マチュピチュ村やクスコにある日系の方が運営しているお土産店で、日本語も少し通じますし安心感があります。

デザインも"いかにもペルーっぽい"ものから、↑の画像のように合わせやすい可愛いデザインも多いです。

2〜3ドルの小物入れもあり、【TAMON】にはお土産にもぴったりな商品がたくさん売られています。

ツアー添乗員さんもオススメ&ご自身のお土産を購入していました

このお店では現金で支払えば10%オフで購入できるので、現金支払いがオススメです。

 

ペルーならではのお菓子やお茶

ペルーお土産紹介

①ピスコ
ペルーで有名なブドウの蒸留酒。

現地ではピスコサワーというピスコ・卵白・レモンを使ったカクテルが人気ですが、作るのが大変なので、ジンジャエールで割って飲んだりするのも良いようです。

ピスコは日本でもネットで簡単に買えますので、ペルーっぽい瓶に入ったものを記念に買って帰るくらいでいいかもしれません。

なお、私は買って帰ったピスコにトニックウォーターをあわせて、レモンをひと絞りする飲み方にしばらくハマってました。笑

ピスコサワーは甘くて美味しいですが、アルコール度数が高いので飲み過ぎ注意です!

②ペルーのスーパーで購入した日清ヌードル
興味本位でスーパーで購入してみました。
日本のカップヌードルと同じ味かと思いましたが、香辛料のせいなのか、日本の味とは少し違いペルー風の風味がして面白かったです。

帰国後しばらくしてから食べてみましたが、旅行を思い出して懐かしかったです。笑

③ルクマ味のチョコレート
ペルーで古くから親しまれているフルーツ「ルクマ」を使用したチョコレートです。
現地ではアイスやケーキにして食べられることが多いようです。
日本ではなかなか食べられないので、お土産にぴったりだと思います。

個人的にはルクマの風味はさつまいもや栗っぽいような感じだと思いました

 

Navitas Naturals(ナビタス ナチュラル)
¥1,980 (2019/01/23 00:32:15時点 Amazon調べ-詳細)

④チョコテハ
ペルー定番のお土産のひとつで、ピーカンナッツでキャラメルをサンドし、チョコレートでコーティングしたものです。

スーパーで売られているようなものはキャラメルがかなり多くて激甘なのですが、このパッケージのものは程よい甘さで美味しいです。
(私は日系の方がされているお土産店で購入しましたが、「Helena」というお店が有名なようです)

個包装なので、会社などのお配り用としてもオススメです。

⑤ホホバオイル
ペルー以外の国でも名産地はありますが、ペルーでも良質なホホバオイルがよく採れるようです。
日本では高価ですがペルーでは安く購入できるので、私も家族の女性陣にお土産として購入しました。

⑥チアシードクッキー
ペルーではチアシードやカムカムなどのスーパーフード系も有名で、安く手に入ります。
マチュピチュ村へ向かう際に乗るインカレールでは無料のサービスでチアシードクッキーが配られました。

カムカムのサプリメントなんかも売っていましたよ

⑦ムニャティー

ムニャティー
ペルーで昔から重宝されていたハーブ「ムニャ」を使ったハーブティーのティーバッグです。
ミントティーに近い感じで、高山病に効くそうです。
日本では入手できないようなので、買って帰るとハーブティーが好きな方には喜ばれると思います。

はちみつを入れるとほっとする味で美味しいです

⑧紫トウモロコシのチップス
あまり味に紫トウモロコシ感はないですが、見た目は紫色をしているのでインパクトはあります。笑
味は普通に塩味のド●タコスという感じなので、スナック感覚でおいしいです。

ピーマコットン

ペルーでのお土産3
ペルーではアルパカ製品が有名ですが、【ピーマコットン】も有名です。
ピーマコットンは世界三大綿のひとつで、ペルーでよく栽培されている綿花です。
ピーマコットンで作られた生地は、日本の綿100%のものと比べると、柔らかくて肌触りがとても良いです。
現地だとピーマコットン100%のTシャツが4000円〜5000円くらいで購入できました。
日本より手頃な価格とはいえ、お土産用としてプレゼントするにはなかなか高価なので、自分用か家族用にするくらいでしょうか。

ただし私が行ったお土産屋さんには、あまり凝った可愛いデザインはありませんでした

ペルーデザインの小物類

アルパカやナスカの地上絵といった、ペルーならではのものをモチーフにしたキーホルダーやストラップなど、小物もたくさんお土産屋さんに並んでいました。

小物なら取り入れやすいデザインのものも多いですね!

 

アルパカキーホルダー

アルパカのキーホルダーやぬいぐるみは、私たちが買ったものは割と可愛い顔をしているのですが、露店などに売られている量産品だとちょっとデザインが微妙なものもありました。笑

デザインは良し悪しありますが、可愛い・カッコいいものもちゃんとあるので、諦めずに色々なお店を見てみていただければと思います。

1点1ドル〜8ドル程度で購入できるので、仲の良い友達や同僚、家族に配るのにちょうどよいと思います。

私は買いませんでしたが、他にもペルー独自の形と模様が入った食器などもありました
スポンサーリンク

お菓子はできれば味見した方が安心

お菓子はできれば味見した方が安心

ペルーはチョコレートも有名ですが、スーパーなどで売られているチョコレートはキャラメルたっぷりの甘いものが多く、日本人には甘すぎて食べきれない可能性がかなり高いです。

ですのでお配り目的で市販の安いチョコレート菓子を買いたいところですが、お土産には向かないかもしれません。

ちなみにいくらチョコレートが有名でも、ブランドもののチョコレートはそれほど日本と価格は変わらないです。

 

日系の方が運営されているお土産店のものは、オーナーさんが日本人好みの甘さ控えめのものを置いてくれてることが多いので、基本的には大丈夫だと思います。

↑上の画像の【TOMOE gourmet】はペルーならではの食材を使った良質なチョコレートで美味しいです!
アルパカ製品をメインで扱っている【TAMON】というお店でも購入できました。

まとめ:実際に行ってみると色々あった

いかがでしたでしょうか?
渡航前はペルーのお土産ってアルパカ製品くらいしかイメージがなかったのですが、実際に行ってみると意外にも色々ありました!
またペルーのお土産と言っても
  • アンデス地方(クスコやマチュピチュ)
  • ナスカの地上絵
  • ボリビア方面(ウユニ塩湖)

これらの地方によって特産品は様々で、改めてペルーの大きさを思い知りました。

日本より物価も少し安く、お土産として高価な品はアルパカ製品くらいなので、お土産に使った総額自体は予想より少なく済んだと思います。

また、ペルーはインカ帝国をはじめとする歴史の長い国なので、事前に色々勉強していくと楽しいかもしれませんね!
▼合わせて読みたいペルー・マチュピチュ旅行の関連記事
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう